ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです


ここからサイト内共通メニューです

サイト内共通メニューはここまでです

  1. ホーム
  2. 日本東洋医学会とは
  3. 日本東洋医学会の現状

ここから本文です

日本東洋医学会とは 日本東洋医学会の現状

学術雑誌の発行

学会誌として「日本東洋医学雑誌」と学術総会抄録号を発行しております。学会誌は漢方医学の国際化を視野に入れて英文での投稿も受け付けております。また、学会誌とは別に和漢医薬学会と合同で英文誌「Traditional & Kampo Medicine」をオンラインジャーナルで発行しております。

学術総会の開催

全国規模の学術総会を年1回行う他、8カ所の支部(北海道、東北、関東甲信越、東海、北陸、関西、中四国、九州)における支部学術総会、県部会、専門医地区学術講演会など年間70回程度開催します。

専門医認定制度

1989年(平成元年)より制度が発足し、学会認定医制協議会加盟の制度として運用されております。制度運用の主な点は次の通りです。

研修年限
わが国の医師免許証を有し、日本専門医認定機構の定める基本領域に属する学会の認定医あるいは専門医を有し、3年以上継続して本会会員で所定の単位数(7単位)を取得し、本学会が定める研修施設で3年以上東洋医学の臨床に修練を積んだ者。
設定方法
50症例の一覧及び、そのうち10症例の臨床報告を提出し、毎年1回の認定試験(筆記試験、口頭試問)に合格すること。
  • 更新年限: 5年毎に更新
  • 専門医数: 2,008名

会員の状況(2017年3月現在)

正会員  8,398名
看護師会員 4名
特別会員 42名
賛助会員 254名
名誉会員 80名
合計 8,778名
(正会員の内訳:医師7,186名、歯科医師63名、薬剤師733名、鍼灸師395名、研究者21名)

委員会

日本東洋医学会の事業活動は、主に常設又は特別に設置された委員会を通じて行われています。現在活動している委員会及び委員長は下記の通りです。

名称 担当者 活動
編集委員会 貝沼茂三郎 学会誌及び英文誌の編集発行
健康保険担当委員会 金倉洋一 健康保険関係の問題対応
学術教育委員会 喜多敏明 卒前卒後教育の充実に向けた作業
鍼灸学術委員会 若山育郎 日本の伝統鍼灸を国民的医療にするための学術研究を推進し日本鍼灸の優れた点を世界各国に紹介し普及させる
EBM委員会 村松慎一 漢方医学のエビデンス・ベースの構築
用語及び病名分類委員会 並木隆雄 WHO国際分類の適切な導入及び普及
辞書編纂委員会 並木隆雄 辞書編纂作業
生薬原料委員会 三谷和男 生薬問題の具体的対策
国際委員会 大野修嗣 国外の関連機関との提携及び交流
専門医制度委員会 柴原直利 漢方専門医を目指す専攻医に必須な臨床研修の構築・管理と専門医認定を行い、専門医の生涯教育と更新認定を行う
運営委員会 山田和男
柳澤 紘
学会の将来像、理事会諮問事項、予算・決算及び事業計画・事業報告等の検討
広報委員会 八重樫稔 広報活動およびWEBサイトの運用整備
倫理委員会 杵渕 彰 倫理関係の問題対応
利益相反(COI)委員会 中村東一郎 COI関係の問題対応
コンプライアンス委員会 久光 正 コンプライアンス関係の問題対応
医療安全委員会 田原英一 医療安全情報の調査・検討
提言書検討委員会 木村容子 「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」で纏めた提言書の実行方法の検討

本文はここまでです

このページの先頭へ


ここからカテゴリ共通メニューです

入会のご案内

カテゴリ共通メニューはここまでです




ページの終わりです

ページの先頭へ戻る