ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです


ここからサイト内共通メニューです

サイト内共通メニューはここまでです

  1. ホーム
  2. 医療関係者の方へ
  3. 学術関連情報
  4. 漢方EBM
  5. 漢方治療エビデンスレポート 2013
  6. 7.
  7. 除外論文リスト (excluded references list, 159論文)

ここから本文です

7.除外論文リスト (excluded references list, 159論文)

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

1.感染症(ウイルス性肝炎を含む)(4論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
A09 炎症性腸疾患 (IBD) に関する漢方処方の効果 多種の処方 奥見裕邦. 炎症性腸疾患 (IBD) に関する漢方処方のEBM評価. 日本東洋心身医学研究 2010; 25: 95-9. 4) RCTのレビュー I
B08.1 伝染性軟属腫に対するヨクイニンエキスの臨床効果 ヨクイニンエキス散 ヨクイニンエキス散研究班.伝染性軟属腫に対する「ヨクイニンエキス散」の臨床効果 -placeboを対照とした多施設二重盲検法による比較試験- . 皮膚 1987; 29: 762-73. 2) N
B18.2 C型慢性肝炎に対する小柴胡湯の臨床的評価 小柴胡湯 宜保行雄. C型慢性肝炎に対する小柴胡湯の臨床的検討 -長期投与による非投与群との比較検討- . 漢方医学 1994; 18: 396-9. 1) N
B34.9 老人の免疫能に対する八味地黄丸の効果 八味地黄丸 山本孝之, 丁宗鉄. 老人の免疫能と漢方薬の影響 (III) -補体 alternative pathwayの活性への作用- . 和漢医薬学会誌 1986; 3: 270-1. 3) N

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

2.癌 (癌の術後、抗癌剤の不特定な副作用) (15論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
C18.9 結腸直腸癌における補助療法としての、オキサリプチンとカンプトテシン併用化学療法の評価 カンプトテシン Yao Y, Zhao H, Sun Y, et al. Combined chemotherapy of hydroxycampothecin with oxaliplatin as an adjuvant treatment for human colorectal cancer. The Tohoku Journal of Experimental Medicine 2008; 215: 267-78. 2) I
C22.0 肝硬変から肝癌発症に対する小柴胡湯の予防効果 小柴胡湯 山本佑夫, 岡博子, 貫野徹, ほか. 肝細胞癌の発癌に及ぼす小柴胡湯の予防効果. 癌と化学療法 1989; 16: 1519-24. 1) C
C22.0 小柴胡湯 岡博子. 小柴胡湯による肝発癌抑制. 臨床消化器内科 1998; 13: 1525-30. I
C22.0 小柴胡湯 岡博子, 小林絢三, 山本祐夫. 小柴胡湯による肝癌予防の試み. Progress in Medicine 1992; 12: 1196-200. I
C22.0 小柴胡湯 岡博子, 山本祐夫. 小柴胡湯による肝発癌予防効果の臨床的検討. Biotherapy 1991; 5: 1867-73. I
C22.0 小柴胡湯 Oka H, Yamamoto S, Kuroki T, et al. Prospective study on chemoprevention of hepatocellular carcinoma with Sho-saiko-to (TJ-9).Cancer 1995; 76: 743-9. C
C22.0 小柴胡湯 Oka H, Yamamoto S, Kanno T, et al. Controlled prospective evaluation of sho-saiko-to in prevention of hepatocellular carcinoma in patients with chirrosis of the liver. 和漢医薬学会誌 1989; 6: 40-4. I
C22.0 肝硬変・肝癌に対する小柴胡湯の効果 小柴胡湯 山内浩, 中山成一, 佐藤進一, ほか. 肝硬変・肝癌. Current Therapy 1986; 4: 599-607. 3) N
C22.0 肝発癌に対する十全大補湯の防御作用 十全大補湯 Tsuchiya M, Kono H, Matsuda M, et al. Protective effect of juzen-taiho-to on hepatocarcinogenesis is mediated through the inhibition of Kupffer cell-induced oxidative stress. International Journal of Cancer 2008; 123: 2503-11. 6) 基礎研究である C
C34.9 肺癌化学療法副作用に対する十全大補湯の効果 十全大補湯 沖本二郎, 吉田耕一郎, 玉田貞夫, ほか. 抗癌剤の骨髄抑制に対するツムラ十全大補湯の効果. 診断と治療 1993; 81: 2040-3. 1) N
C55 婦人科癌化学療法副作用に対する十全大補湯の効果 十全大補湯 松井英雄, 高見澤裕吉. 婦人科悪性腫瘍の化学療法における副作用に対する十全大補湯の効果について. 産婦人科漢方研究のあゆみ 1993; 10: 104-9. 1) N
C80 食道癌、肺癌術後の消化器系愁訴に対する漢方薬の効果 漢方薬群(六君子湯, 人参養栄湯, 麦門冬湯, 柴苓湯) 四釜俊夫, 阿保七三郎. 食道癌・肺癌術後患者における漢方の有用性 -特に消化器系愁訴に対して- . 老化と疾患 1996; 9: 103-6. 1) N
C80 食道癌術後における六君子湯の効果 六君子湯 李思元, 鍋谷欣市, 山田輝司, ほか. 術後における六君子湯の使用経験. 第3回臨床和漢薬研究会講演記録集 1986: 4-6. 3) N
C80 がん化学療法に伴う疲労感に対する補中益気湯の有用性 補中益気湯 元雄良治, 中谷直喜, 島崎猛夫, ほか. がん化学療法に伴う疲労感に対する補中益気湯の有用性. がん治療のあゆみ 2009; 28: 39-43. 5) N
D25.9 閉経期前後女性の子宮筋腫に対する漢方薬治療とゴナドトロピン放出ホルモンの効果 芍薬甘草湯,桂枝茯苓丸 Sakamoto S, Mitamura T, Iwasawa M, et al. Conservative management for perimenopausal women with uterine leiomyomas using Chinese herbal medicines and synthetic analogs of gonadotropin-releasing hormone. In Vivo 1998; 12: 333-8. 1) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

3. 貧血などの血液の疾患 (2論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
D64.9 十全大補湯の術前自己血輸血時および股関節手術後のヘモグロビン回復への影響 十全大補湯 Kishida Y, Nishii T, Inoue T, et al. Juzentaihoto (TJ-48), a traditional Japanese herbal medicine, influences hemoglobin recovery during preoperative autologous blood donation and after hip surgery. International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics 2009; 47: 716-21. 1) C
D64.9 当帰芍薬散の臨床効果と芍薬原料との関係評価 当帰芍薬散 Shimada K, Kawase M, Shibahara N, et al. The relation between clinical effects of tokishakuyakusan and the identity of Paeonia lactiflora materials. Journal of Ethnopharmacology 2010; 132: 438-42. 2) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

4. 代謝・内分泌疾患 (12論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
E10.4 糖尿病性神経障害に起因するしびれ改善効果 牛車腎気丸 佐藤祐造. 糖尿病合併症と漢方 1. 糖尿病性神経障害に対する漢方薬の臨床効果. 日本東洋医学雑誌 2003; 54: 500-3. 4) I
E11.0 2型糖尿病患者でのインスリン抵抗性における有効性 牛車腎気丸 Uno T, Ohsawa I, Tokudome M, et al. Effect of goshajinkigan on insulin resistance in patients with type 2 diabetes. Diabetes Research and Clinical Practice 2005; 69: 129-35. 1) C
E11.6 糖尿病患者におけるYidiyinの勃起障害に対する改善効果 Yidiyin Feng X, Qin C, Leng J, et al. Yidiyin, a Chinese herbal decoction, improves erectile dysfunction in diabetic patients and rats through the NO-cGMP pathway. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2012; 76: 257-63. 2) 中国の煎剤 I
E11.9 非インスリン糖尿病患者に対する六味地黄丸類方の抗HSP抗体低下作用 六味丸
牛車腎気丸
富井明望, 小林崇雄, 関口由紀, ほか. 六味地黄丸類方の非インスリン糖尿病患者の抗HSP抗体低下作用. 和漢医薬学雑誌 1998; 15: 274-5. 1) N
E13.6 糖尿病の合併症に対する牛車腎気丸の効果 牛車腎気丸 佐藤祐造. 糖尿病の合併症に対する対策と治療. 福岡医師漢方研究会会報 1988; 9: 1-36. 4) I
E14.4 糖尿病性神経障害に対する牛車腎気丸の効果 牛車腎気丸 Tawata M, Kurihara A, Nitta K, et al. The effects of goshajinkigan, a herbal medicine, on subjective symptoms and vibratory threshold in patients with diabetic neuropathy. Diabetes Research and Clinical Practice 1994; 26: 121-8. 1) C
E28.3 黄体機能不全に対する効果 当帰芍薬散 Usuki S, Nakauchi T, Higa S, et al. The improvement of luteal insufficiency in fecund women by tokishakuyakusan treatment. American Journal of Chinese Medicine 2002; 30: 327-38. 1) C
E28.9 無月経女性のFSH、LH、エストラジオールレベルに対する影響 温経湯 Ushiroyama T, Hosotani T, Yamashita Y, et al. Effects of unkei-to on FSH, LH and estradiol in anovulatory young women with hyper- or hypo-functioning conditions. American Journal of Chinese Medicine 2003; 31: 763-71. 1) C
E34.8 人参養栄湯のウェルナー症候群皮膚線維芽細胞に及ぼす影響 人参養栄湯 Uchiyama Y, Nakajima S, Ohno T, et al. The effect of ninjinyoeito on Werner's syndrome skin fibroblasts. American journal of Chinese Medicine. 1992; 20: 295-305. 6) 基礎研究である C
E66.9 体脂肪改善効果 - 後藤孝洋, 松下大樹, 高須賀佳人, ほか. お茶「極選上海康茶」体脂肪改善効果の検証. 医学と薬学 2004; 52: 349-58. 2) I
E78.5 インスリン非依存性糖尿病(NIDDM)に合併した高脂血症に対する大柴胡湯・プロブコールの併用効果 大柴胡湯 村上透, 奥淳治, 木村吉雄, ほか. インスリン非依存性糖尿病に合併した高脂血症に対する大柴胡湯・プロブコールの併用投与のリポ蛋白脂質代謝に与える影響. 動脈硬化 1991; 19: 839-46. 1) N
E88.9 メタボリック症候群患者の内皮機能に及ぼす桂枝茯苓丸の影響 桂枝茯苓丸 Nagata Y, Goto H, Hikiami H, et al. Effect of keishibukuryogan on endothelial function in patients with at least one component of the diagnostic criteria for metabolic syndrome: a controlled clinical trial with crossover design. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine 2012; 2012: 1-10. doi: 10.1155/2012/359282 2) 自家製製剤 N

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

5. 精神・行動障害 (21論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
F01.9 血管性認知症に対する効果 釣藤散 Itoh T, Shimada Y, Terasawa K. Efficacy of choto-san on vascular dementia and the protective effect of the hooks and stems of Uncaria sinensis on glutamate-induced neuronal death. Mechanisms of Ageing and Development 1999; 111: 155-73. 4) C
F03 老年痴呆に対する抑肝散加陳皮半夏の効果 抑肝散陳皮半夏 早野泰造, 馬島将行, 角前修二, ほか. 各種痴呆に対するツムラ抑肝散加陳皮半夏エキス剤の効果 (II) . 漢方医学 1987; 11: 16-25. 1) ,3) I
F03 抑肝散陳皮半夏 早野泰造. 老年痴呆に対する抑肝散加陳皮半夏の効果. 現代医療学 1989; 5: 109-13. I
F03 老人性痴呆に及ぼす漢方製剤の効果 八味地黄丸
小柴胡湯
抑肝散
丁宗鉄, 山本孝之. 高齢者精神活動および全身状態に及ぼす八味地黄丸の効果. 現代医療学 1989; 3) N
F05.1 レビー小体型痴呆におけるコリンエステラーゼ阻害剤抵抗性幻視および神経精神症状に対する効果 抑肝散 Iwasaki K, Maruyama M, Tomita N, et al. Effects of the traditional Chinese herbal medicine yi-gan san for cholinesterase inhibitor-resistant visual hallucinations and neuropsychiatric symptoms in patients with dementia with lewy bodies. The Journal of Clinical Psychiatry 2005; 66: 1612-3. 1) C
F10.0 黄連解毒湯の二日酔防止効果 黄連解毒湯 七堂利幸, 有地滋. 漢方薬・黄連解毒湯の二日酔防止効果 二重盲検法を使った無作為化試験によるpilot study. 医学のあゆみ 1988; 145: 789-95. 3) I
F17.2 薬局と保健センターの連携による禁煙教育の有効性評価 ニコレット 小栗重統, 坂田清美. 薬局と保健センターの連携による禁煙教育の有効性に関する研究. 日本未病システム学会雑誌 2009; 14: 199-201. 2) I
F34.9 気分障害およびうつ病に対する漢方治療の効果 柴胡加竜骨牡蛎湯ほか 千々岩武陽, 伊藤隆. 日本東洋心身医学研究会EBM作業チーム調査報告 心身症およびストレス関連疾患に対する漢方治療のエビデンス 3) 気分障害. 日本東洋心身医学研究 2009; 24: 80-4. 4) I
F41.1 卵巣癌患者の抗癌剤治療時の副作用に対する効果 加味帰脾湯 池田篤, 東尾聡子, 後山尚久, ほか. 婦人科癌患者に対する化学療法と緩和医療における加味帰脾湯の使用経験. 産婦人科漢方研究のあゆみ 2003; 20: 152-5. 1) ランダム化しているが、漢方薬投与の有無のランダム化ではない。 I
F45.3 咽喉頭異常感症に対する漢方薬の治療効果 柴胡加竜骨牡蛎湯 山際幹和. 神経症的咽喉頭異常感症患者の漢方治療 耳鼻咽喉科臨床 1998; 98 suppl: 52-5. 1) ,3) N
F45.3 抑うつ的咽喉頭異常感症に対する柴朴湯の効果 柴朴湯 山際幹和. 抑うつ的咽喉頭異常感症患者に対する柴朴湯の効果. 漢方医学 1998; 22: 19-22. 1) ,3) N
F45.3 抑うつ的咽喉頭異常感症に対する柴朴湯の治療効果 柴朴湯 古川浩三, 石井豊太. 咽喉頭異常感症に対する柴朴湯の治療効果 Placeboとの比較. 耳鼻咽喉科展望 1988; 31: 1111-21. 3) I
F45.3 咽喉頭異常感症に対する茯苓飲合半夏厚朴湯の治療効果 茯苓飲合半夏厚朴湯 小林一女, 相馬恵, 高野信也, ほか. 咽喉頭異常感症に対する茯苓飲合半夏厚朴湯の治療効果. 耳鼻咽喉科展望 1986; 29 suppl: 309-13. 3) N
F45.3 咽喉頭異常感に対する効果 柴胡加竜骨牡蠣湯
柴苓湯
山際幹和. 神経症的傾向を有する患者の咽喉頭異常感に対する漢方製剤エキス顆粒の効果. 漢方と最新治療 1998; 7: 153-6. 1) , 3) N
F45.3 咽喉頭異常感に対する効果 柴胡加竜骨牡蠣湯
柴苓湯
山際幹和. 心的症状を有する患者の咽喉頭異常感に対する紫朴湯の効果. 漢方と最新治療 1999; 7: 353-8. 1) N
F45.3 咽喉頭異常感に対する効果 柴胡加竜骨牡蠣湯
柴苓湯
山際幹和. 咽喉頭異常感を消失させるうえで漢方製剤が果たす役割. 日本東洋心身医学研究 2001; 16: 36-8. 1) , 3) N
F45.9 不定愁訴症候群に対する漢方療法の検討 桂枝茯苓丸+黄連解毒湯
加味逍遙散
当帰芍薬散+人参湯
寺澤捷年, 熊谷朗, 有地滋, ほか. 漢方療法に関する研究 不定愁訴症候群の臨床比較試験に関する研究概要. 治療学 1986; 16 suppl: 54-5. 3) N
F45.9 循環機能不全に伴う不定愁訴に対する六神丸の改善効果 六神丸 加藤弘巳, 矢野三郎, 花崎信夫, ほか. 循環機能不全に伴う不定愁訴の改善を目的とした六神丸の臨床効果 新旧両処方六神丸の多施設二重盲検比較試験. Therapeutic Research 1988; 9: 785-800. 2) I
F48.0 疲労および慢性疲労症候群に対する漢方薬の有効性 多種の処方 千々岩武陽, 伊藤隆. 疲労および慢性疲労症候群. 日本東洋心身医学研究 2010; 25: 90-4. 4) RCTのレビュー I
F48.9 神経症傾向のある不定愁訴
ストレス病
黄連解毒湯 山田和男. 現代社会のストレスと漢方の役割 3. 精神科における漢方療法. 日本東洋医学雑誌 1999; 49: 774-80. 5) N
F60.3 境界型人格障害の治療における抑肝散の有効性 抑肝散 Miyaoka T, Furuya M, YasudaH, et al. Yi-gan san for the treatment of borderline personality disorder: an open-label study.Progress in Neuro Psychopharmacology & Biological Psychiatry 2008; 32: 150-4. 1) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

6. 神経系の疾患 (アルツハイマー病を含む) (8論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
G24.0 抗精神病薬誘発性遅発性ジスキネジアの治療における抑肝散の有効性 抑肝散 Miyaoka T, Furuya M, YasudaH, et al. Yi-gan san for the treatment of neuroleptic-induced tardive dyskinesia: an open-label study. Progress in Neuro Psychopharmacology & Biological Psychiatry 2008; 32: 761-4. 1) C
G30.9 アルツハイマー型認知症の認知機能に対する効果 加味温胆湯 Maruyama M, Tomita N, Iwasaki K, et al. Benefits of combining donepezil plus traditional Japanese herbal medicine on cognition and brain perfusion in Alzheimer's disease: a 12-week observer-blind, donepezil monotherapy controlled trial. Journal of the American Geriatrics Society 2006; 54: 869-71. 2) C
G40.2 部分てんかんに対する小柴胡湯合桂枝加芍薬湯の臨床的有用性 小柴胡湯合桂枝加芍薬湯 中根允文, 山内俊雄, 大沼悌一, ほか. 部分てんかん症例に対するTJ-960の臨床的有用性 プラセボを対照とした二重盲検法による後期第II相臨床試験. 臨床評価 1999; 26: 419-52. 2) I
G40.9 脳梗塞後遺症に対する柴胡加竜骨牡蛎湯の臨床応用 柴胡加竜骨牡蛎湯 佐藤醇. 柴胡加竜骨牡蛎湯の臨床応用 (動脈硬化, 神経衰弱, 神経性心悸亢進症, てんかん, 慢性腎臓症) . 厚木病院医誌 1991; 11: 52-3. 1) N
G40.9 てんかんに対する小柴胡湯合桂枝加芍薬湯の効果 小柴胡湯合桂枝加芍薬湯 Nagakubo S, Niwa S, Kumagai N, et al. Effects of TJ-960 on Sternberg's paradigm results in epileptic patients. The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology 1993; 47: 609-20. 2) C
G62.9 FOLFOX療法の末梢神経毒性に対する牛車腎気丸の防御作用 牛車腎気丸 Kono Toru, Mishima H, Shimada M, et al. Preventive effect of goshajinkigan on peripheral neurotoxicity of FOLFOX therapy: a placebo-controlled double-blind randomized phase II study (the GONE study). Japanese Journal of Clinical Oncology 2009; 39: 847-9. 5) C&I
G90.9 人参、牛黄、甘草配合薬の自律神経活性に及ぼす効果 人参、牛黄、甘草末配合カプセル Zheng A, Moritani T. Effect of the combination of ginseng, oriental bezoar and glycyrrhiza on autonomic nervous activity as evaluated by power spectral analysis of HRV and cardiac depolarization-repolarization process. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 2008; 54: 148-53. 2) I
G90.9 人参, 牛黄, 甘草配合薬の自律神経活性と免疫系に及ぼす効果 人参、牛黄、甘草末配合カプセル Zheng A, Moritani T. Effect of the combination of ginseng, oriental bezoar and glycyrrhiza on autonomic nervous activity and immune system under mental arithmetic stress. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 2008; 54: 244-9. 2) I

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

8.耳の疾患 (1論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
H65.9 小児の滲出性中耳炎に対する効果 柴苓湯 Ikeda K, Takasaka T. Treatment of secretory otitis media with kampo medicine. Archives of Otorhinolaryngology 1988; 245: 234-6. 1) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

9. 循環器系の疾患 (6論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
I25.9 冠動脈心疾患患者の血液レオロジーに効果 - Wu X, Harada T, Ishizaki F, et al.Study on the effect of xinnaotongluo liquid on hemorheology in patients with coronary heart disease. International Medical Journal 2005; 12: 129-31. 2) I
I67.9 桂枝茯苓丸とトラピジルの脳血管障害患者における微少循環血流の改善作用 桂枝茯苓丸 Itoh T, Terasawa K, Kohta K, et al. Effect of keishi-bukuryo-gan and trapidil on the microcirculation in patients with cerebro-spinal vascular disease. 和漢医薬学会誌 1992; 9: 40-6. 2) I
I67.9 桂枝茯苓丸 Itoh T, Terasawa K, Kohta K, et al. Effect of keishi-bukuryo-gan and trapidil on the microcirculation in patiens with cerebro- spinal vascular disease. 富山県立中央病院医学雑誌 1993; 16: 74-80. N
I69.8 脳血管障害後遺症に対する黄連解毒湯の効果 黄連解毒湯 荒木五郎. 脳血管障害後遺症に対するツムラ黄連解毒湯の効果. Geriatric Medicine 1991; 29: 1587-99. 1) N
I67.9 随伴症状のある高血圧症と脳血管障害に対する八味地黄丸の有効性と安全性 八味地黄丸 伊藤憲一, 山本浩志, ,西原利治, ほか. 諸症状を随伴する高血圧症及び脳血管障害 (急性期を除く) 患者に対するカネボウ八味地黄丸の有用性の検討 多施設交叉式二重盲検法による調査. 診断と治療 1988; 76: 1096-114. 3) EKAT2010では採用としていたが、1985年以前の漢方製剤を使用していたと考えられ、除外とした I
I73.0 レイノー症状に対するツムラ人参養栄湯の有用性 人参養栄湯 田辺恵美子. レイノー症状に対するツムラ人参養栄湯の有用性. 皮膚科における漢方治療の現況 1990; (1) : 113-24. 1) N

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

10. 呼吸器系の疾患 (インフルエンザ、鼻炎を含む) (8論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
J00 感冒、かぜ症候群、急性気管支炎に対する効果 麻黄附子細辛湯 山本竜隆, 往西誠, 吉田勝美. 麻黄附子細辛湯のmeta-analysisによる有効性検討. Health science 2001; 17: 94-9. 1) I
J00 風邪症候群患者に対する咳漱改善効果 麻黄附子細辛湯 西澤芳男, 永野冨美代, 山田まゆみ, ほか. 風邪症候群患者に対する麻黄附子細辛湯と西洋感冒薬の咳漱改善効果無作為比較試験. 漢方と免疫・アレルギー 2005; 18: 56-67. 5) N
J10.1 小児A型インフルエンザに対するオセルタミビルと麻黄湯の効果比較 麻黄湯 鈴木英太郎, 市原清志. 熱型変化から見た小児A型インフルエンザに対するオセルタミビルと麻黄湯の効果比較. 外来小児科 2011; 14: 248-53. 1) RCTでない
薬剤の選択は原則として保護者の希望に委ね、特に希望がない場合のみ受診順に交互に投与している。受診順に投薬した部分は準RCTであるが、保護者の希望に委ねた部分を併せて解析したため、RCTとは言えない。
I
J12.8 SARS回復期患者のQOLに対する効果 - 辺永君, 斎文生, 宋慶橋, ほか. SARS回復期患者のQOLに対する中西医結合治療の影響. 東方医学 2003; 19: 51-5. 2) I
J18.2 誤嚥性肺炎 清肺湯 Mantani N, Kasahara Y, Kamata T, et al. Effect of seihai-to, a Kampo medicine, in relapsing aspiration pneumonia-an open label pilot study. Phytomedicine 2002; 9: 195-201. 2) C
J30.1 春季花粉症に対する麻黄剤の治療成績 苓甘姜味辛夏仁湯、越婢加朮湯、大青竜湯、桂麻各半湯、五虎湯、麻黄附子細辛湯 森壽生, 嶋崎譲, 倉田文秋, ほか. 春季花粉症の麻黄剤を主とした6年間の治療成績. Progress in Medicine 2003; 23: 1925-9. 4) I
J44.8 びまん性汎細気管支炎(DPB)に対する補中益気湯の治療効果 補中益気湯 杉山幸比古. DPBの漢方治療. 漢方と最新治療 1997; 6: 263-7. 1) N
J45.9 気管支喘息患者の咳閾値に対するフマル酸エメダスチンの効果との比較評価 麦門冬湯 Watanabe N, Gang C,Fukuda T. Comparison of traditional Chinese-Japanese herbal medicine bakumondo-to with emedastine difumarate on asthmatic patients with increase cough sensitivity.Journal of the World Allergy Organization 2003; suppl 1: 52 P-2-28. 1) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

11. 消化管、肝胆膵の疾患 (16論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
K11.7 向精神薬による唾液分泌抑制作用に対する回復効果 人参養栄湯,白虎加人参湯 Hara R, Yamagishi H, Okubo M, et al. The effects of Kampo medicine against drug-induced xerostomia. Journal of Dental Research 2000; 79: 1239 No.36. 6) 基礎試験である C
K29.5 黄連湯による慢性胃炎の治療効果 黄連湯 中島修, 曽根美好. ツムラ黄連湯による慢性胃炎の治療. Progress in Medicine 1994; 14: 1713-9. 5) N
K30.0 機能性ディスペプシアに対する漢方処方の評価 六君子湯 奥見裕邦, 関矢信康, 寺澤捷年. 日本東洋心身医学研究会EBM作業チーム調査報告 心身症およびストレス関連疾患に対する漢方治療のエビデンス 1) 機能性ディスペプシアに対する漢方処方のEBM評価. 日本東洋心身医学研究 2009; 24: 70-75 4) I
K59.0 便秘薬「百毒下し」の効果 百毒下し 杉本寛治, 太田博之. 百毒下しとコーラック、ウィズワンとの服薬満足度の比較 和漢便秘薬「百毒下し」の効果特性. 医学と薬学 2006; 56: 367-76. 2) I
K59.0 大麦若葉粉末の便通への影響及び安全性の評価 大麦若葉粉末 松井登, 山本邦男, 山本整, ほか. 大麦若葉粉末の便秘傾向者の便通に及ぼす影響及び安全性の検討. 日本臨床栄養学会雑誌 2008;29:406-13. 2) I
K59.0 大麦若葉粉末の便通改善効果及び安全性の評価 大麦若葉粉末 松井登, 山本整, 長尾光浩, ほか. 便秘傾向の成人男女を対象とした大麦若葉粉末の便通改善効果及び安全性の検討 摂取目安量の設定試験及び有効性確認試験. 日本臨床栄養学会雑誌 2011; 32: 243-51. 2) I
K71.9 ダナゾール誘発肝障害に対する防御効果 小柴胡湯 Yaginuma T, Okamura T, Takeuchi T, et al. Preventive effect of traditional herbal medicine, shosaiko-to, on danazol-induced hepatic damage. International Journal of Gynaecology & Obstetrics 1989; 29: 337-41. 1) C
K72.9 肝切除後患者での血漿アンモニアに対する有効性と安全性 大建中湯 Kaiho T, Tanaka T, Tsuchiya S, et al. Effect of the herbal medcine dai-kenchu-to for serum ammonia in hepatectomized patients. Hepato-Gastroenteterology 2004; 52: 161-5. 1) C
K73.0 慢性肝炎治療への小柴胡湯の評価 小柴胡湯 水田実, 村田欣也, 森本哲雄, ほか. 慢性肝炎治療への小柴胡湯の評価 -二重盲検法による検討-. 肝胆膵 1986; 12: 155-68. 3) I
K73.9 慢性活動性肝炎の小柴胡湯による治療効果 小柴胡湯 賈克明, 陳乃玲, 彭暁君, ほか. 慢性活動性肝炎の小柴胡湯による治療研究. Progress in Medicine 1992; 12: 1180-3. 2) N
K73.9 慢性肝炎患者IFN副作用 麻黄湯
大青竜湯
Kainuma M, Hayashi J, Sakai S, et al. The efficacy of herbal medicine (Kampo) in reducing the adverse effects of IFN-β in chronic hepatitis C. American Journal of Chinese Medicine 2002; 30: 355-67. 1) , 2) C
K73.9 慢性肝炎患者のIFN副作用 麻黄湯 Kainuma M, Sakai S, Sekiya N, et al. The effects of a herbal medicine (mao-to) in patients with chronic hepatitis C after injection of IFN-beta. Phytomedicine 2004; 11: 5-10. 1) , 2) C
K74.6 肝硬変に対する柴苓湯の有用性 柴苓湯 大久保仁, 塩田淳郎, 天木秀一, ほか. 肝硬変における漢方治療: 特に比較試験による「柴苓湯」の有用性の検討. 漢方と最新治療 1994; 3: 121-7. 1) N
K76.9 肝疾患における免疫異常と和漢薬治療 小柴胡湯 溝口靖紘, 阪上吉秀, 児玉千枝, ほか. 肝疾患における免疫異常と和漢薬治療. 和漢医薬学会誌 1987; 4: 227-30. 6) 基礎研究である I
K83.1 術後胆道閉塞患者に対する効果 茵チン蒿湯 Kobayashi H, Horikoshi K, Yamataka A, et al. Beneficial effect of a traditional herbal medicine (inchin-ko-to) in postoperative biliary atresia patients. Pediatric Surgery International 2001; 17: 386-9. 1) C
K91.3 結腸、直腸手術後の便通に対する効果 桂枝茯苓丸+大建中湯 Suehiro T, Matsumata T, Shikada Y, et al. The effect of the herbal medicines dai-kenchu-to and Keishi-bukuryo-gan on bowel movement after colorectal surgery. Hepato-Gastroenterology 2005; 52: 97-100. 1) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

12. 皮膚の疾患 (6論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
L20.9 アトピー性皮膚炎に対する漢方療法の評価 小柴胡湯ほか 豊田雅彦. アトピー性皮膚炎と漢方治療 アトピー性皮膚炎の漢方療法 EBMの観点からの評価. 皮膚の科学 2010; 9: suppl15: 22-7 4) I
L30.9 アトピー性皮膚炎、慢性湿疹に対する効果 小柴胡湯 諸橋正昭, 豊田雅彦. 漢方療法のEBMによる評価. 皮膚の科学 2003; 2: 44-8. 4) I
L65.9 大宝HR-2製剤の男性型脱毛症に対する臨床評価 大宝HR-2 大宝HR-2研究班. 大宝HR-2製剤の男性型脱毛症に対する臨床評価試験. 臨床医薬 1988; 4: 1955-67. 2) I
L65.9 脱毛症における漢方療法の評価 半夏厚朴湯 大熊守也. 脱毛症の漢方療法 半夏厚朴湯内服、紫外線ならびに凍結療法による治療-続報-. 和漢医薬学雑誌 1998; 15: 422-3. 1) C
L70.0 尋常性ざ瘡に対する効果 十味敗毒湯
清上防風湯
林伸和, 川島眞. 尋常性ざ瘡に対する30%グリコール酸 (pH1.5) を用いたケミカルピーリングの有用性の検討. 臨床皮膚科 2003; 57: 1213-6. 6) 一部に併用療法として漢方を使用。評価はされていない。 I
L70.9 ざ瘡に対するケミカルピーリングの臨床効果および有効性 清上防風湯
十味敗毒湯
岸岡亜紀子, 山本有紀, 宮崎孝夫, ほか. ざ瘡に対するケミカルピーリングの臨床効果および有効性検討. Aesthetic Dermatology 2004; 14: 195-202. 6) 一部に併用療法として漢方を使用。評価はされていない。 I

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

13. 筋骨格・結合組織の疾患 (4論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
M06.9 メトトレキセート投与中の関節リウマチ患者に対する漢方薬の効果 桂枝二越婢苓朮附 Kogure T, Tatsumi T, Sato H, et al. Traditional herbal medicines (Kampo) for patients with rheumatoid arthritis receiving concomitant methotrexate: a preliminary study. Alternative Therapies in Health and Medicine 2009; 16: 46-51. 1) , 2) C
M35.0 シェーグレン症候群に対する麦門冬湯の効果 麦門冬湯 土肥豊, 鈴木輝彦, 大野修嗣. Sjogren症候群に対する麦門冬湯の効果. 現代東洋医学 1991; 12 suppl 1: 229-31. 1) N
M35.2 ベーチェット病に対する温清飲の効果 温清飲 金子史男. ベーチェット病に対する温清飲. Progress in Medicine 1986; 6: 384-6. 3) N
M35.9 膠原病の治療における漢方薬の効果 柴苓湯ほか Ohno S. Roles of Kampo medicine in treating rheumatic diseases. Journal of Traditional Medicines 2007; 24: 73-80. 4) C

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

14. 泌尿器、生殖器の疾患 (更年期障害を含む) (11論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
N02.8 小児IgA腎症に対する小柴胡湯の臨床効果 小柴胡湯 高橋泰生, 上村勝. 小児IgA腎症に対するツムラ小柴胡湯の臨床効果. 漢方医学 1986; 10: 27-30. 3) N
N18.9 養腎降濁湯の慢性腎不全におけるクレアチニン値の改善 養腎降濁湯 Nagasaka K, Fukuda H, Hashimoto M, et al. Yozinkodakuto, a traditional Chinese (Japanese Kampo) medicine, improves the creatinine level in chronic renal failure. Journal of Traditional Medicines 2007; 24: 87-9. 1), 2) C
N20.9 ESWL後の排石に対する猪苓湯の効果 猪苓湯 高田昌彦, 矢野久雄, 神原信明, ほか. ESWL後の排石に対する猪苓湯の効果. 泌尿器科紀要 1997; 43: 311-4. 1) C
N20.9 ヒト尿中蓚酸カルシウム結晶形成に及ぼす作用の評価 猪苓湯,五苓散 吉村一宏, 三宅修, 奥山明彦, ほか. 猪苓湯および五苓散のヒト尿中蓚酸カルシウム結晶形成に及ぼす作用の検討. 泌尿器科紀要 1998; 44: 13-6. 1) C
N28.9 ST上昇心筋梗塞患者の腎機能に対するanisodamineの保護効果 anisodamine Wang Y, Fu X, Wang X, et.al. Protective effects of anisodamine on renal function in patients with ST-segment elevation myocardial infarction undergoing primary percutaneous coronary intervention. The Tohoku Journal of Experimental Medicine 2011; 224: 91-7. 2) I
N41.1 慢性前立腺炎における八味地黄丸とST合剤との併用効果 八味地黄丸 金子茂男, 秋山隆弘, 栗田孝. 慢性前立腺炎における八味地黄丸とST合剤との併用療法. 泌尿器科紀要 1988; 34: 1091-5. 3) N
N46 特発性男性不妊症患者に対する人参養栄湯の効果 人参養栄湯 大枝忠史, 市川孝治, 小澤秀夫, ほか. 特発性男性不妊症患者に対する人参養栄湯の使用経験. 新薬と臨床 1994; 43: 2197-203. 1) I
N50.8 泌尿器疾患に対する柴苓湯の臨床効果 柴苓湯 志田圭三, 今村一男, 片山喬, ほか. 各種泌尿器疾患に対する柴苓湯の臨床効果-線維化疾患を中心にして-泌尿器科疾患に対するツムラ柴苓湯研究会. 泌尿器科紀要 1994; 40: 1049-57. 1) C
N74 感染性腟分泌物に対する効果 - Nazar H, Usmanghani K, Hannan A. Clinical evaluation of unani medicine for infective vaginal discharge. Journal of Traditional Medicines 2005; 22: 301-7. 2) I
N95.1 うつを伴う更年期患者のに対する効果 加味逍遙散 Ushiroyama T, Ikeda A, Sakuma K, et al. Changes in serum tumor necrosis factor (TNF-alpha) with kami-shoyo-san administration in depressed climacteric patients. American Journal of Chinese Medicine 2004; 32: 621-9. 1) C
N97.9 卵巣機能不全不妊症に対する加味逍遙散の効果 加味逍遙散 假野隆司, 伊藤親昭, 笠松源, ほか. 不妊症治療ならびに安胎薬として漢方方剤を投与した分娩200例の予後の臨床的研究. 日本不妊学会雑誌 1991; 36: 612-20. 1) N

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

15. 産前、産後の疾患 (2論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
O12.0 妊娠浮腫に対する柴苓湯の臨床的有用性 柴苓湯 井浦俊彦, 桑原惣隆, 高林晴夫, ほか. 妊娠浮腫に対する柴苓湯の臨床的有用性. 臨床婦人科産科 1994; 48: 355-8. 1) N
O92.3 産褥期うつ乳に対する葛根湯の臨床効果 葛根湯 合阪幸三, 國保健太郎, 多和田哲雄, ほか. 産褥期うつ乳に対する葛根湯 (EK-1) の臨床効果の検討. 産婦人科の世界 1990; 42: 289-93. 1) N

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

18. 症状および徴候 (18論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
R10.4 当帰四逆加呉茱萸生姜湯の下腹部術後腹痛に対する効果 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 西澤芳男, 天方義邦. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯の下腹部術後腹痛に対する効果の検討 IV.深部温度上昇効果との関係. 東洋医学とペインクリニック 1988; 18: 138-44. 1) N
R13 嚥下反射に対する効果 半夏厚朴湯 Iwasaki K, Wang Q, Nakagawa T, et al. The traditional Chinese medicine banxia houpo tang improves swallowing reflex. Phytomedicine 1999; 6: 103-6. 1) C
R19.8 積聚治療による腹部の異常緩和効果 - 高橋一樹, 松澤孝司, 原オサム, ほか. 積聚治療における腹部の異常緩和についての研究. 東洋療法学校協会学会誌 2012; 35: 81-3. 2) I
R20.8 糖尿病性神経障害に対する牛車腎気丸の効果 牛車腎気丸 坂本信夫, 佐藤祐造, 後藤由夫, ほか. 糖尿病性神経障害の東洋医学的治療 -牛車腎気丸とメコバラミンの比較検討-. 糖尿病 1987; 30: 729-36. 3) I
R20.8 糖尿病性末梢神経障害に対する牛車腎気丸の効果 牛車腎気丸 鳥羽研二, 折茂肇. 糖尿病性末梢神経障害. 診断と治療 1986; 74: 2330-4. 3) N
R25.2 肝硬変に伴うこむら返りに対する八味地黄丸の有用性 八味地黄丸、五苓散、芍薬甘草湯 高森成之, 安藤貴志. 肝硬変に伴うこむら返りに対する八味地黄丸の有用性に関する検討. 日本東洋医学雑誌 1994; 45: 151-7. 1) N
R42.0 慢性期のめまいに対する柴胡加竜骨牡蛎湯と苓桂朮甘湯の有効性および安全性 柴胡加竜骨牡蛎湯
苓桂朮甘湯
小松崎篤, 坂田英治, 亀井民雄, ほか. 慢性期のめまい例に対する柴胡加竜骨牡蛎湯と苓桂朮甘湯の有効性および安全性の臨床試験. 薬理と治療 1986; 14: 4479-90. 3) I
R42.0 眩暈治療における沢瀉湯の有効性 沢瀉湯 Yoneta Y, Hashiguchi K, Takiguchi Y, et al. Clinical efficacy of takushato a Kampo (Japanese herbal) medicine, in the treatment of refractory dizziness and vertigo: Comparison between standard and triple dose. Journal of Traditional Medicines 2009; 26: 68-73. 2) I
R42 抑うつ傾向のめまい患者に対する集団めまいリハビリテーションと補中益気湯併用のQOL改善効果 補中益気湯 新井基洋, 五島史行, 保坂隆. めまい集団リハビリテーションと補中益気湯の併用療法-抑うつ傾向がみられるめまい患者の治療-. 心身医学 2012; 52: 221-8. 1) I
R50.9 術後非特異的熱発に対する小柴胡湯の効果 小柴胡湯 落合和徳, 小林重光, 清水良明, ほか. 術後の非特異的熱発に対する小柴胡湯の効果. 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 1986; 35: 279-82. 3) N
R51.0 慢性頭痛に対する桂枝人参湯と釣藤散の有用性 桂枝人参湯,釣藤散 松本博之, 柏木基, 松谷学ほか. 慢性頭痛に対する桂枝人参湯と釣藤散の有用性に関する研究. 臨床と研究 1995; 72: 1299-303. 1) N
R51.0 一次性頭痛 (片頭痛以外) に対する漢方治療の効果 釣藤散ほか 知場奈津子, 岡孝和, 辻貞俊. 日本東洋心身医学研究会EBM作業チーム調査報告 心身症およびストレス関連疾患に対する漢方治療のエビデンス 一次性頭痛(片頭痛以外). 日本東洋心身医学研究 2009; 24: 85-8. 4) I
R52.9 腹部術後疼痛に対する当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 西澤芳男, 天方義邦. 腹部術後疼痛に対する当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果 I. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯とplaceboとのopen trial. 東洋医学とペインクリニック 1988; 18: 102-8. 1) I
R52.9 腹部術後疼痛に対する当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 西澤芳男, 天方義邦. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯の術後腹痛に対する効果の検討 III. CMI分類による検討. 東洋医学とペインクリニック 1988; 18: 50-7. 1) I
R52.9 非小細胞肺癌におけるカルボプラチン/パクリタキセル併用療法後の筋肉痛および関節痛に対する芍薬甘草湯の予防的有効性 芍薬甘草湯 Yoshida T, Sawa T, Ishiguro T, et al. The effrcacy of prophylactic shakuyaku-kanzo-to for myalgia and arthralgia following Carboplatin and Paclitaxel combination chemotherapy for non-small cell lung cancer. Support Care Cancer 2009; 17: 315-20. 1) N
R53 慢性疲労に対する効果 各種煎剤 Sekiya N, Shimada Y, Shintani T, et al. Reduction of perception of chronic fatigue in an observational study of patients receiving 12 weeks of Kampo therapy. The Journal of Alternative and Complementary Medicine 2005; 11: 895-901. 1) , 2) C
R68.8 multiple lacunar infarctionのオ血スコア、赤血球変形能に対する効果 桂枝茯苓丸 Hikiami H, Goto H, Sekiya N, et al. Comparative efficacy of keishi-bukuryo-gan and pentoxifylline on RBC deformability in patients with "oketsu" syndrome. Phytomedicine 2003; 10: 459-66. 1) , 2) C
R68.8 冷え症・肩こり等の不定愁訴に対するNT21細粒(桂枝茯苓丸+ビタミンE)の効果 NT21細粒
(桂枝茯苓丸+ビタミンE)
佐藤信紘, 竹井謙之, 池嶋健一, ほか. 冷え症・肩こり等の不定愁訴に対するNT21細粒(桂枝茯苓丸+ビタミンE)の効果について. 東方医学 2004; 19: 23-43. 2) I

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

19. 損傷、中毒、術後の疼痛 (2論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
T65.8 油症に対する漢方療法の効果 補中益気湯
荊芥連翹湯
牛車腎気丸
麦門冬湯
徳永章二. 油症に対する漢方療法. 厚生労働省科学研究費補助金 食品の安心・安全確保推進研究事業 熱媒体の人体影響とその治療法に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 2008; 65-72. 1) N
T75.2 温泉療法を主体とした他療法との併用効果 当帰四逆加呉茱萸湯
牛車腎気丸、ブシ末
王紅兵, 烏帽子田彰, 鏡森定信. 温泉療法を主体とした他療法との併用効果. 日本温泉気候物理医学会雑誌 2010; 73: 143-58. 4) I

このページの先頭へ

※「検索ソース」のCはCochrane Library、Iは医学中央雑誌、Nは日漢協データベースを示す。

※除外理由については、以下の通り分類分けした。
  1. 1) 臨床論文ではあるが、RCT、メタアナリシスではない
  2. 2) 日本で漢方製剤として製造販売承認を受けていないもの (漢方の湯剤、中国の製剤など) を使用している
  3. 3) 1985年以前の漢方製剤 (現在のものとは品質が異なる) を使用している
  4. 4) 既存のRCT論文の引用
  5. 5) 記載内容が不明確で構造化抄録が作成できない
  6. 6) その他 (理由はリストに記載した)

21. その他 (23論文)

ICD10 Research
Question
漢方処方名 論文 除外
理由
検索
ソース
Z01.8 桂枝人参湯の健常者の血漿gut-regulatory peptide濃度に対する効果 桂枝人参湯 Sato Y, Katagiri F, Inoue S, et al. Effect of a Single Treatment with keishininjinto on Plasma Levels of Gut-regulatory Peptides in Healthy Subjects. Journal of Health Science 2007; 53: 220-5. 1) I
Z01.8 小半夏加茯苓湯の健常者の血漿消化管ホルモンに対する効果 小半夏加茯苓湯 Katagiri F, Itoh H, Takeyama M. Effect of sho-hange-ka-bukuryo-to on gastrointestinal peptide concentrations in the plasma of healthy human subjects. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2004; 27: 1674-8. 1) C
Z01.8 小半夏加茯苓湯と二陳湯における持続ストレス健常者の血漿 ACTH, cortisolの比較 小半夏加茯苓湯
二陳湯
Katagiri F, Inoue S, Sato Y, et al. Comparison of the effects of sho-hange-ka-bukuryo-to and nichin-to on human plasma adrenocorticotropic hormone and cortisol levels with continual stress exposure. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2004; 27: 1679-82. 1) C
Z01.8 大建中湯の健常者の血漿neuropeptide濃度に対する効果 大建中湯 Sato Y, Inoue S, Katagiri F, et al. Effects of pirenzepine on dai-kenchu-to-induced elevation of the plasma neuropeptide levels in humans. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2006; 29: 166-71. 1) I
Z01.8 人参湯の健常者の血漿CGRP, Substance Pに対する効果 人参湯 Sato Y, Katagiri F, Inoue S, et al. Effects of ninjin-to on levels of calcitonin gene-related peptide and substance P in human plasma. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2004; 27: 2032-4. 1) C
Z01.8 寝たきり老人に対する補中益気湯及び甘草末の免疫学的評価 補中益気湯
甘草末
補中益気湯+甘草末
大出弘孝, 奥田千秋. 高齢者 (寝たきり老人) に対する補中益気湯及び甘草末の免疫学的検討. 和漢医薬学会誌 1988; 5: 555. 5) N
Z01.8 ヒト血漿中serotonin及びvasoactive intestinal peptide(VIP)の変動。 大建中湯 Nagano T, Itoh H, Takeyama M. Effect of dai-kenchu-to on levels of 5-hydroxytryptamine(serotonin) and vasoactive intestinal peptides in human plasma. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2000; 23: 352-3. 1) C&I
Z01.8 ヒト血漿中の脳―消化管ペプチド値(モチリン、血管作動性腸ペプチド(VIP)、ガストリン、ソマトスタチン)に対する作用 人参湯 Naito T, Itoh H, Nagano T, et al. Effects of ninjin-to on levels of brain-gut peptides (motilin, vasoactive intestinal peptide, gastrin, and somatostatin) in human plasma. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2001; 24: 194-6. 1) C&I
Z01.8 大腸内視鏡前処置におけるQOLの向上 大建中湯
芍薬甘草湯
斉田芳久. 大腸内視鏡前処置における大建中湯併用の有効性-6種類のprospective study-. Progress in Medicine 2005; 25: 3058-9. 5) N
Z01.8 八味地黄丸の副腎皮質ホルモンに対する効果 八味地黄丸 Itoh T, Tanaka N, Shibahara N, et al. Effect of hachimi- jio- gan on adrenal corticosteroids. 和漢医薬学雑誌 1998; 15: 155-60. 2) I
Z01.8 温秘湯投与における健常者のEpicatechin 3-O-Gallate、グリチルリチン酸、レインの薬物動態 温脾湯 Takizawa Y, Mizuhara Y, Morita T, et al. Pharmacokinetics of (-) epicatechin 3-o-gallate, glycyrrhetic acid and rhein in healthy male volunteers after a single dose administration of TJ-8117 (unpito), a Japanese traditional medicine for renal failure. 臨床薬理 2006; 37: 33-40. 2) I
Z01.8 小豆湯の健常若年女性における血清トリグリセリド濃度の低下効果 小豆ジュース Maruyama C, Araki R, Kawamura M, et al. Azuki bean juice lowers serum triglyceride concentrations in healthy young women. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 2008; 43: 19-25. 2) I
Z01.8 附子末投与後の血清中アコニチン濃度 修治ブシ末,ブシ末 Nakae H, Fujita Y, Igarashi T, et al. Serum aconitine concentrations after taking powdered processed Aconiti tuber. Biomedical Research 2008; 29: 225-31. 2) 生薬製剤である C
Z01.8 ブシ末の血漿中セロトニン、インターロイキン-18濃度への影響 ブシ末 Nakae H. Plasma serotonin and interleukin 18 levels after taking powdered processed aconiti tuber. Journal of Complementary and Integrative Medicine 2010; 7: 1-9. 2) 生薬製剤である N
Z01.8 ブシ末による酸化度・抗酸化力への影響 修治ブシ末
ブシ末
中永士師明. ブシ末単独服用による酸化度・抗酸化力の変化について. 日本東洋医学雑誌 2010; 61: 15-8. 2) 生薬製剤である N
Z01.8 漢方エキス中のグリチルリチンの物性とエキス投与後のグリチルレチン酸の血中濃度推移 小青竜湯,小柴胡湯 宮村充彦, 小野正英, 京谷庄二郎, ほか. 甘草配合漢方エキス中のグリチルリチンの物性とエキス投与後のグリチルレチン酸の血中濃度推移. 薬学雑誌 1996; 116: 209-16. 1) C
Z01.8 生薬の品質が違う当帰芍薬散で誘導されたヒト遺伝子発現への影響比較 当帰芍薬散 Hayasaki T, Katoh A, Shojo M, et al. Differences in human gene expression induced by tokishakuyakusan containing different grades of Angelica radix. Journal of Traditional Medicines 2010; 27: 166-78. 1) I
Z01.8 食後糖脂質代謝への六君子湯の効果の評価のための食後の血糖・インシュリンレベルとGLP-1反応の比較 六君子湯 Tanaka K, Urita Y, Nara K, et al. Effects of the traditional Japanese medicine rikkunshito on postprandial glucose and lipid metabolism. Hepato-Gastroenterology 2011; 58: 1112-8. 6) RCT-cross overの論文であるが、結果にRCT-cross overの結果が記載されていない N
Z01.9 ヒト血漿中の脳―消化管ペプチド値(モチリン、ガストリン、ソマトスタチン)に対する作用 半夏瀉心湯 Naito T, Itoh H, Yasunaga F, et al. Hange-shashin-to raises levels of somatostatin, motilin, and gastrin in the plasma of healthy subjects. Biological & Pharmaceutical Bulletin 2002; 25: 327-31. 1) I
Z02.9 芍薬甘草湯による鍼麻酔増強効果 芍薬甘草湯 北出利勝, 神野英明, 兵頭正義, ほか. 芍薬甘草湯による鍼麻酔増強効果についての実験的検討. 基礎と臨床 1986; 20: 3309-14. 3) I
Z22.8 脳神経外科領域におけるMRSA保菌者に対する補剤の効果 十全大補湯
補中益気湯
刈部博, 隈部俊宏, 石橋安彦, ほか. 脳神経外科領域におけるMRSA保菌者に対する補剤の効果. 脳神経外科 1997; 25: 893-7. 1) C
なし 薬剤経済分析 多種の処方 Koinuma M, Kamei M, Matsumoto K, et al. Feasibility study for the pharmacoeconomic analysis of Kampo Medicines. 日本東洋医学雑誌 2005; 56: 813-22. 6) 臨床論文でない I
なし 模擬患者との腹診練習が鍼灸学生に及ぼす影響 なし 奥野友香, 谷口勝. 模擬患者との腹診練習が鍼灸学生に及ぼす影響(第1報) 晴眼学生におけるコミュニケーション能力. 鍼灸手技療法教育 2010; 6: 10-5. 6) 鍼灸の研究である I
※PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無料で提供されているAdobe®Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

本文はここまでです

このページの先頭へ


ここからカテゴリ共通メニューです

カテゴリ共通メニューはここまでです




ページの終わりです

ページの先頭へ戻る