ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです


ここからサイト内共通メニューです

サイト内共通メニューはここまでです

  1. ホーム
  2. 医療関係者の方へ
  3. 学術関連情報
  4. 漢方EBM
  5. 漢方製剤の記載を含む診療ガイドライン 2013 (漢方 CPG Table)

ここから本文です

漢方製剤の記載を含む診療ガイドライン 2013

 

漢方製剤の記載を含む診療ガイドラインのTable (漢方CPG Table) は、日本の診療ガイドラインから漢方製剤に関する記述を引用したものです。診療において漢方製剤を使用される場合には、必ず、CPG全体をお読みになり、その位置づけを正しく理解された上で行ってください。

タイプA

引用論文が存在し、エビデンスと推奨のグレーディングがあり、その記載を含むもの (20CPGs)

※ 各PDFファイル内のリンクに関する詳細はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

タイプB

引用論文が存在するが、エビデンスグレードと推奨のグレーディングのないもの (24CPGs)

※ 各PDFファイル内のリンクに関する詳細はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

タイプC

引用論文も存在せず、エビデンスグレードと推奨のグレーディングのないもの (30CPGs)

※ 各PDFファイル内のリンクに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

KCPG 2013の全文PDFの中の漢方CPG Tableの末尾には、参考情報として、CPGのダイジェスト版、患者向けCPG中の漢方に関する記載も収載しております。

※PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無料で提供されているAdobe®Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。
Adobe Readerをダウンロードする

本文はここまでです

このページの先頭へ


ここからカテゴリ共通メニューです

カテゴリ共通メニューはここまでです




ページの終わりです

ページの先頭へ戻る